起業する際の資金サポートの種類はどのくらい

起業に関して必要な資金はどのくらいかかるのか

起業をするに当たって避けて通れない資金

そして起業をするに当たって避けて通れない道が資金調達ですが、一番一般的なのが銀行でしょうね。
他にはファンド系やビジネスローンなどが資金調達への機関になってくるかと思うのですが、しっかりしたサポートをしてくれるところはなかなか少ないようです。
当然初めて企業をするわけですから、ただ融資するだけではなく起業に関してのアドバイスや助言を親切にしてくれるところに依頼して資金調達したいですね。
現在は資金サポートの数もかなりこのご時勢になって増えてきており、調べればかなりの数が出てくるようです。
ただ資金を融資してくれるだけではなく、経営コンサルもやっている業者が最近増えているのも特徴でそういったところは結構当てにできる資金調達相手として候補に挙がるかもしれませんね。

いったいどこから資金を調達してくるのか

さて、ではどこから資金調達をしてきたら一番ベターなのでしょうか。
まず頭に浮かぶのは各種銀行でしょうと思いますが、銀行は小規模事業者には貸しが渋いので安定度は高いですが融資を受けるのに結構苦労しそうですね。
他には各自治体の小規模事業者サポートがありますが、経営等のコンサルサポートなどはないのでこれは単純に低金利で融資を受ける相手と考えてよいでしょう。
他には事業コンサルタントの存在がありますが、こちらは融資だけでなく有料ではありますが事業計画やコンサル活動も行っているところが多いので頼りになる存在かと思います。
このように資金サポートに関しては融資を主に行うところや油脂のほかに事業が軌道に乗るまでのコンサルティングをしてくれるところまで各種あるのでよく検討しましょう。


TOPへ戻る